景観を守る観光地 | 何不自由なく暮らそう|好条件の立地で戸建てをGETする方法を伝授

何不自由なく暮らそう|好条件の立地で戸建てをGETする方法を伝授

間取り図

景観を守る観光地

規制が厳しい

内観

世界中の人々に人気のある都市に京都があります。歴史的建造物が林立する京都は文化遺産でもあり日本の縮図でもあるのです。そしてその京都に注文住宅を建設する場合ほかの都市にはない規制が敷かれることもあります。京都は市街地を中心に景観地区に指定されています。景観地区に注文住宅を建設する場合、細かいルールに従って建設しなければならないのです。その規制は場所やエリアによって異なります。基本的に和風の景観であることが前提になります。また壁の色や材質、角度など様々な面からの規制を受け、これらの条件をすべてクリアすることで初めて建設が認められるのです。特に観光名所の付近では厳しい規制が欠けられていることに注意しなければなりません。

和風な建造物のみ

市街地の景観地区のエリアにおいて注文住宅を建設する場合、日本瓦を使用することが求められています。さらに屋根材は、原則として光沢のない黒や灰色にすることなどが規制されています。また五重塔以上の高さの建てものを建設してはならない規制がありタワーマンションを建設することもできないのです。また銀閣寺などの周辺では、左大文字山と銀閣寺の景観を妨げないようにすることなど光景に関する規制もかけられています。また壁は白をNGとするなど京都の町を守るための規制は数えきれないほど設定されています。世界的に有名な観光地だからこそその風土や文化、景観を守るための施策なのです。逆に純和風な建造物を検討している場合には、京都に注文住宅を建設することが望ましいとも言えます。